20180222




修羅場のお供。


ネームだけ無限にできても、それを形にする時間が無いのではどうしようもない、そんなもどかしい現状ですが、
せめて再録+αならば夢ではないのかなと、いただいたコメントに励まされながら日々考えています。
まずは過去のデータを探し出し、そして最新の修正基準もしかと学んでおかねば。




20180221



大好きな日本ドラマの世界に、当たり前のように存在していた大杉漣さん。
演じられた役は数知れず、もはやご本人のイメージが最も強いものになっているけれど。
花咲舞のようなほっこりとぼけた父親役が特に好きでした。
個人的に藤村俊二さん、夏八木勲さんの時と同じくらいの喪失感。
今夜はリアルタイムでバイプレ3話を観た。




20180220




しっくりくる。




20180214




Happy Valentine's Day -☆



今年は控えめに、しかしそれなりにチョコ充。




20180210




ブリューゲルの貴重なプライベートコレクションが揃うということで、さささっと行ってまいりました。
画像は撮影可エリアにて。



ウィーン美術史美術館↑でも、ブリューゲルの展示室が一番お気に入りです。



いつものガレットも ちゃっかり。


さて!楽しいネームを終え、これから作画とプロットです。溜めたドラマをBGVに、がんばります。




20180205




定期的に食べたい。




20180203




憩いの場であった近所のカフェが、間もなく閉店してしまう。
コーヒー、週替わりランチプレート、サンドイッチ、ケーキ、焼き菓子、すべてが忘れられぬ味。
今日はオーナー夫妻と台湾茶の話で盛り上がりました。
あと1、2度、お邪魔できたらな。

▼ありガトゥショコラお持ち帰り。

▼夏季限定のオレンジレアチーズをもう一度、もう一度味わいたかったっ。




20180202



今回の修羅場は一人坂元祭りでした。
それ生き、問レス、カルテット、Mother、Woman、カルテット、最高の離婚、カルテット。そしてanone。

新キャラもたくさん描きました。
最近ようやく譲あたりの作画が馴染んできた頃なので、今度も慣れるまでに時間を要しそうです。
そんな54話は2月26日に配信予定です。




個人的な新年会はいつもの焼肉屋さんと、毎冬待ち遠しい蟹みぞれ鍋。
これぞ「幸せしかない」瞬間。

さて、儚い2月。一日一日を濃ゆく過ごしたいものです。




log
2019.09(3) 2019.08(5) 2019.07(8) 2019.06(1) 2019.05(4) 2019.04(5) 2019.03(7) 2019.02(11) 2019.01(9) 2018.12(7) 2018.11(8) 2018.10(9) 2018.09(4) 2018.08(8) 2018.07(10) 2018.06(8) 2018.05(5) 2018.04(10) 2018.03(8) 2018.02(8) 2018.01(7) 2017.12(8) 2017.11(2) 2017.10(10) 2017.09(9) 2017.08(13) 2017.07(9) 2017.06(6) 2017.05(5) 2017.04(7) 2017.03(4) 2017.02(10) 2017.01(5) 2016.12(2) 2016.11(3) 2016.10(2) 2016.09(3) 2016.08(2) 2016.07(2) 2016.06(1) 2016.04(3) 2016.02(1) 2016.01(1) 2015.12(8) 2015.11(1) 2015.10(3) 2015.09(1) 2015.08(2) 2015.07(5) 2015.06(2) 2015.05(5) 2015.04(4) 2015.03(3) 2015.02(8) 2015.01(4) 2014.12(1) 2014.11(2) 2014.10(3) 2014.09(2) 2014.08(1) 2014.06(1) 2014.05(2) 2014.04(2) 2014.03(2) 2014.02(3) 2014.01(1) 2013.12(5) 2013.11(2) 2013.10(3) 2013.09(2) 2013.08(6) 2013.07(1) 2013.06(6) 2013.05(9) 2013.04(4) 2013.03(4) 2013.02(8) 2013.01(5) 2012.12(9) 2012.11(6) 2012.10(6) 2012.09(7) 2012.08(9) 2012.07(3) 2012.06(4) 2012.05(4) 2012.04(6) 2012.03(9) 2012.02(4) 2012.01(5) 2011.12(4) 2011.11(8) 2011.10(6) 2011.09(6) 2011.08(6) 2011.07(4) 2011.06(3) 2011.05(5) 2011.04(5) 2011.03(4) 2011.02(5) 2011.01(4) 2010.12(3) 2010.11(2) 2010.10(5) 2010.09(5) 2010.08(15) 2010.07(12) 2010/07-2009/01