20181130



自分の誕生日よりもずっと重要度の高い27日に何ひとつできず、無念です。
毎年毎年慌ただしく過ぎるこの時期ですが、
駄目な一年を振り返り反省しつつ、それでも好きなものが沢山増えたトキメキに囲まれて。
残り一ヶ月、少しでも後悔を減らせるよう、日々を送りたいと思います。

ただいま発熱修羅場中、ちょっと大変ですが楽しく進めています。
真ん中バースデーとルル誕も後ほどまとめてお祝いしたい-☆




20181125



11/26(月)より、お静かに第63話(187~189ファイル)配信開始予定です。
BBQの夜と、北沢姉弟と。
今回に限らず、いろんなキャラの感情が同時進行しております。
どうか楽しんでいただけますよう…よろしくお願いいたします!

今月はネームとプロットに信じられないくらいの時間がかかってしまいました。
どうしたことか。
とても不安定、しかし楽しい気持ちには変わりなく。
そう感じられる環境に感謝して、やり遂げねばです。

さあ、27日は世界一テンション上げて原稿しますぜ。




20181121



自分がはるか昔に置いてきてしまった感覚を、今でも自然と小脇に抱えて走っている人。
しびれる。
もうなれないものに憧れるのも悪くはない年頃であります。




20181119



いただきもの。^人^





夏期の常備チョコは冷やしても溶けてもちゃんと美味しいリンドール。甘いチョコも たまには良し。




20181118




スコティッシュバレエ団のタータンです。
パープル×グレーの組み合わせが どストライク。
といいますのも…


ザルツブルクでディアンドル(独&墺の民族衣装)を探していた時、この組み合わせに一目惚れして。
結局、伝統的なカラーであるグリーン系のものを1着お土産にしたのですが、
後になって何故これを買わなかったのかと後悔しました。
次の機会があれば、きっと。

日本ですとオクトーバーフェストくらいでしか見かけずコスプレ感が強いかもしれませんが、
現地では特別なイベント用ではなく毎日の普段着としても着こなしていらして、
若い娘さんが素敵なのは勿論のこと、マダムやおばあちゃんが着ている姿がとっても可愛いのです!

颯爽と歩いてきて、


のんびりお茶して。


朝の市場ではカゴを片手にお買い物。(※こちらのみバートイシュルでの写真です)



ディアンドルはこっそり結斐子にも着せたりしました。
葵のバイト先は元々カフェバーで、環境が変わってから譲のカフェで働いていますが、
最近は新キャラ絡みでチラっとドイツ~オーストリアの話題も出てきたりします。
譲のキャラを作った時に一通り考えていた道筋を、この後ようやく描けそうかな?かも?…というところです。
それはそれとして。
個人的にも大好きなディアンドルやヨーロッパのこと、また徐々に語らせていただきたいと思います。




20181117



「全身で喜ぶジノ」と「すり寄るルル子」について考える。
これは自分の中の基本形とは少し異なるものですが。
あちこちぐるぐるしてみては、あらゆる面で似合いすぎる、といういつもの結論にたどり着くのであった。

今日も30愛は育っている。




20181116




タータンを学ぶ。
ひとつひとつの名前や由来、伝統と背景を知ることで、見慣れた模様も一層いとしく感じます。
突き詰めたいオタク。

もうずいぶん昔のこと。欧州で初めて訪れたのがイギリスでした。
当時エディンバラにふわっとした憧れを抱きながらも、
スコットランドまで足を伸ばすことは叶わず、その事がずっと心残りだったのです。
その後 欧州旅を続けてきて、今、再訪のタイミングが巡ってきた気がしています。


- - -
『タータン 伝統と革新のデザイン』/青幻舎
『スコットランド タータンチェック紀行』/奥田実紀さん




20181104



ロロナナ誕を祝えないまま11月に変わってしまった。
今月食べるケーキの事はずいぶん前から考えています。ウェヒヒ。

そんな久々の徹夜ハイ状態で無事脱稿。
苦しかった、けれど楽しかった。
不在の間メッセージをくださった方、ありがとうございます!
最新話のご感想や、日記へのコメントなども大変嬉しく読ませていただきました。
大袈裟ではなく、頂いたお言葉は何ヶ月も何年も自分の中に残っていて、
ふとした時に引き出しては癒され、大きな原動力となっているのです。
そんな大切なメッセージに一つ一つお返事する事ができず、本当に申し訳ありません;人;
今は作品や活動で少しでもお返しできたら、という思いでおります。




log
2019.08(3) 2019.07(7) 2019.06(1) 2019.05(4) 2019.04(5) 2019.03(7) 2019.02(11) 2019.01(9) 2018.12(7) 2018.11(8) 2018.10(9) 2018.09(4) 2018.08(8) 2018.07(10) 2018.06(8) 2018.05(5) 2018.04(10) 2018.03(8) 2018.02(8) 2018.01(7) 2017.12(8) 2017.11(2) 2017.10(10) 2017.09(9) 2017.08(13) 2017.07(9) 2017.06(6) 2017.05(5) 2017.04(7) 2017.03(4) 2017.02(10) 2017.01(5) 2016.12(2) 2016.11(3) 2016.10(2) 2016.09(3) 2016.08(2) 2016.07(2) 2016.06(1) 2016.04(3) 2016.02(1) 2016.01(1) 2015.12(8) 2015.11(1) 2015.10(3) 2015.09(1) 2015.08(2) 2015.07(5) 2015.06(2) 2015.05(5) 2015.04(4) 2015.03(3) 2015.02(8) 2015.01(4) 2014.12(1) 2014.11(2) 2014.10(3) 2014.09(2) 2014.08(1) 2014.06(1) 2014.05(2) 2014.04(2) 2014.03(2) 2014.02(3) 2014.01(1) 2013.12(5) 2013.11(2) 2013.10(3) 2013.09(2) 2013.08(6) 2013.07(1) 2013.06(6) 2013.05(9) 2013.04(4) 2013.03(4) 2013.02(8) 2013.01(5) 2012.12(9) 2012.11(6) 2012.10(6) 2012.09(7) 2012.08(9) 2012.07(3) 2012.06(4) 2012.05(4) 2012.04(6) 2012.03(9) 2012.02(4) 2012.01(5) 2011.12(4) 2011.11(8) 2011.10(6) 2011.09(6) 2011.08(6) 2011.07(4) 2011.06(3) 2011.05(5) 2011.04(5) 2011.03(4) 2011.02(5) 2011.01(4) 2010.12(3) 2010.11(2) 2010.10(5) 2010.09(5) 2010.08(15) 2010.07(12) 2010/07-2009/01